自転車通販サイマ(cyma)ってどうなの?どんな人向け?

cyma(サイマ)

cyma(サイマ)をご存知ですか?

最近、テレビCMも行っており、徐々に知名度も増している、日本最大級の自転車通販サイトです。

一般的なママチャリを中心とした自転車通販サイトですので、お手頃価格はもちろんのこと、通販で自転車を買うのに不安があるという方が安心して買えるサービスを揃えているのが特徴です。

安心のサービス

店頭購入に負けないサービスが取り揃えられています。

全品送料無料

送料無料

Amazonやヨドバシカメラ等、送料無料の通販ショップが大人気となっていますので、送料無料は当然という意識をお持ちの方も多いかもしれません。

しかし、自転車の場合、かさばる大型商品で配送にしにくいという点もあり、配送に別料金がかかるところも少なくありません。

サイマでは、送料を全品無料とすることで、自転車を通販購入する際の壁を一つ取り払ってくれています。

すぐ乗れる状態で届く

クロスバイクの魅力

自転車は、店頭ショップには完成状態で置いてありますので、意識されていない方も多いと思いますが、組み立てが必要な商品です。
サイマでは、資格を持つ整備士が組み立て・品質チェックをした完成品を配送してくれます。

また、防犯登録もサイマにて事前に行ってくれますので、届いたらすぐに乗り始めることができます。

充実のアフターサービス

点検する人

次の4つの修理保証があります。
全国の自転車店でアフターサービス受けることができます(提携店以外の場合、修理費用を後日返金)ので、通販でも安心です。

  • パンク修理
  • ブレーキ修理
  • チェーン修理
  • 鍵の解錠

また、ロードサービスもあります。
故障して途中で走ることができなくなってしまった場合、24時間365日いつでも助けてもらうことができます(搬送距離は10kmまで)。

アフターサービスの内容は2018.4.1頃に改定され、任意で加入できる有料の新サービスとして展開予定とのことです。ここの記載内容とは変わる可能性がありますのでご注意ください。

不要な自転車を引取り

下取り1回の注文につき1台まで、不要な自転車を無料で引き取りしてくれます。
どのような状態の自転車でもOKとのこと。

自転車を廃棄する場合、粗大ゴミ扱いになりますので、お金も掛かりますし、捨てる手順も面倒なものです。
不要な自転車の無料引き取りは、大変に有難いサービスと言えるでしょう。

※本サービスはエリア限定です。2018.1 時点、関東、および関西・東北・中国・四国の一部が対象地域となっています。

Amazonペイが使える

AmazonのID・パスワードで決済ができる、Amazonペイメントが使えます。
新しくユーザ登録するのが面倒、抵抗がある、覚えておくのが大変という方も安心です。

 

以上の通り、通販のデメリットを感じさせない各種サービスが揃えられています。 この先、日本一の通販自転車サイトになるんだ!という強い意志を感じますね。

 

販売する自転車

取扱い自転車

車種

サイマでは、一般的なママチャリ(シティサイクル)を中心に、折りたたみ自転車ミニベロ電動自転車子供乗せ自転車こども用自転車を販売しています。

メーカー

オリジナルの自転車がほとんどです。
一部ですが、下記の自転車メーカーの取扱いもあります。

  • ブリヂストン
    日本最大の自転車メーカー。ラインナップが豊富です。
  • パナソニック
    日本人なら誰もが知っている電機メーカーPanasonic。電動アシスト自転車で高いシェアを誇ります。
  • ヤマハ
    バイクで有名なヤマハ発動機です。電動アシスト自転車の人気メーカーの一つです。
  • MASI
    イタリアで創業された自転車ブランドです。日本での知名度は高くはないですが、おしゃれなスポーツサイクルを販売しています。
  • DAHON
    アメリカの折り畳み自転車専業メーカー。折り畳みと言えばダホン! というくらいの、リーディングカンパニーです。

取扱う自転車メーカーの数は少なく、ビアンキのような有名ブランドの取扱いはありません。スポーツサイクル(ロードバイクやクロスバイク、ミニベロなど)をお求めの方、メーカーブランド、性能、デザイン等にこだわりたい方には、サイマは向きません。

日常の移動/買い物の手段として、シティサイクル(ママチャリ)を購入したいという方は、お手頃なオリジナル自転車を検討する価値ありです。

 

「サイクルベースあさひ」との対比

比較表

サイマは、通販という方向に特化し、通販ながら店頭購入に近いサービスを提供してくれる自転車通販サイトです。

一方、全国展開する最大手の自転車専門店「サイクルベースあさひ」は、その店舗数を活かし『ネットで注文、店舗で受取』を展開して好評を博しています。

自転車購入場所は「あさひ」がおすすめ
あさひのネットで注文、お店で受取は秀逸 「サイクルベースあさひ」の...

異なる方向にアプローチする2社ですが、どちらも、これからの自転車の買い方を変えてくれる、消費者目線のサービスを展開していることは確かです。

あなたは、どちらがお好みでしょうか?

ちなみに、どちらも東証一部上場企業の経営です。怪しいサイトではありませんから、安心して利用できます。

  • cyma(サイマ)
    株式会社エイチーム(証券コード:3662)
  • サイクルベースあさひ
    株式会社あさひ(証券コード:3333)

cyma(サイマ)が向いているのは?

夫婦でおすすめするサイン

日常での使用用途(通勤、通学、近所への買い物など)で、以下の自転車を購入しようとされている方におすすめです。

  • シティサイクル(ママチャリ)
  • 電動アシスト自転車
  • 子供乗せ自転車

また、すぐに乗れる状態にして届けてくれますので、自転車ショップがお近くにない方、買いに行くことが困難な方にも、おすすめです。

 

 

厳選! 当サイトおすすめの子供自転車をランキング形式でご紹介 厳選!当サイトおすすめ子供自転車ランキング

「大きくなったら、パパとサイクリングがしたいな♪」
笑顔の子供と、楽しいサイクリングを!

関連記事

サイタクロースとトナカイ

クリスマスに自転車をプレゼント!子供の喜ぶ顔が見たい!

サイクルトレイン

サイクルトレインB.B BASEで房総サイクリング旅行

リサイクルショップに子供の自転車を持ち込む家族

子供の自転車をリサイクルショップへ!ルイガノ売却体験記

NO IMAGE

あさひ、ルイガノの日本総販売代理権を取得! 今後の予想

プレゼント箱

入学祝いに自転車を!